全館空調システムの効果などについて、詳しく解説するサイト『全館空調システム』

●●●除湿・加湿●●●

【除湿】

全館空調なら、温度の緩和と併せて湿度も適度な状態に保つことができます。
じめじめとした空気を除湿し、爽やかな空気に変えて全館に送ります。
全館空調システムを取付けておけば、たとえ6月〜7月の梅雨時でもジメジメした空気とは
無縁の生活を送ることができます。

【結露・カビ】

全館空調システムでの除湿・加湿では、夏期は外気の湿分を排気側に移して除湿し、冬期は
室内廃棄の湿分を給気側に移して加湿します。
この適度な相対温度によって温度を下げずに湿度だけを下げるので、結露やカビ・ダニの
発生を抑制します。
アレルギーや喘息の原因となるカビやダニですが、家のなかで結露によるカビが発生すると
それを餌にダニが繁殖します。
一般に湿度が60%を超えるとカビやダニが発生しやすくなるため、湿度を低く抑えること
がカビやダニの予防には大切なのです。

【加湿】

カラカラに空気の乾いた季節には、空気に潤いを与えてお部屋へ送ります。
冬の乾燥した季節にも、しっとりと潤いのある空気がお部屋を満たします。
お肌や喉にもやさしく、女性や小さいお子様がいらっしゃるご家庭にも喜ばれます。